タバコで緊張が和らぐのはただの思い込みです。【心理学が明かすタバコのプラシーボ効果】

スポンサードリンク

 

「百害あって一利なし」なんて言われるタバコ。

その善悪に関しては、近年話題となっていますよね。

多くの自治体で歩きたばこの厳罰化や喫煙所の設置が活発になっていますし、禁煙を進める活動も盛んです。

今回は、このように現代社会で悪とみなされているタバコに関する研究で明らかになった、多くの人が誤解しているタバコの効果について紹介していきたいと思います。

 

参考文献

中間 玲子 「嗜好品摂取における心理学的効果の検討」2019 兵庫教育大学

 

 

 

■1 タバコにもプラシーボ効果が!?

 

 

プラシーボ効果とは?

 

みなさん、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

プラシーボ効果というのは、本当は効果のない薬であっても、患者がその薬を本物だと思い込むことで、その薬によって病気が快方に向かうという効果です。

つまり、思い込みによって病気が治ることをプラシーボ効果と言います。

精神疾患,リウマチ疾患,各種の痛み,高血圧,消化性疾患などの病気に有効だそうです。

 

今回明らかになったのが、このプラシーボ効果がタバコにも起こるということです。

詳しく見ていきましょう。

 

腰痛の原因は「心」に!? 心理学が明かす腰痛の原因

2019年3月3日

 

 

タバコで緊張が和らぐのはただの思い込みです。

 

みなさんはタバコをどのような場面で吸いますか?

おそらく、食後や大変な作業の後など「少し休憩したいな」というタイミングでタバコを吸いに行くと思います。

そして、実際にタバコを吸うことで気分が落ち着き、次の作業へスムーズに向かえることでしょう。

この気分を落ち着けたり、緊張をほぐしたりする効果は一見ニコチンなどの成分による効果のように見えますが、実際はプラシーボ効果の影響が大きいそうです。

 

研究によって明らかになったのは、緊張を和らげるのはニコチンの影響ではなく、タバコを吸うという動作による影響が大きいということです。

どうやら、緊張が続いた後はタバコを吸いに1度席を空けるという動作・習慣が、時間の区切りを作り、緊張をほぐすのに一役買っていたのだそうです。

面白いことに、本来タバコに緊張をほぐす効果はないのですが、その思い込みが積み重なって、実際にタバコを吸うだけで緊張がほぐれる人が続出しているのです。

 

タバコを吸いに席を立つ→時間に区切りができ緊張緩和→タバコを吸ったおかげだと錯覚→本当にタバコを吸うだけで緊張がほぐれるようになる

 

思うに、タバコを吸うという動作が重要ということは、べつに害のあるタバコである必要はないのではないでしょうか?

 

 

 

■2 電子タバコではダメなのか?

 

 

上で説明した通り、気分を落ち着け、緊張をほぐすのにタバコの成分は関係なく、重要なのはタバコを吸うという動作であるのであれば、わざわざ害のあるタバコを吸う必要はないのではないでしょうか?

今は、禁煙を補助するためにニコチンやタールが未使用のたばこも売っているわけですし。

結論として、その通りだと言えます。

タバコの効果には心理的な要素が大きく、多くが思い込みで発生します。

タバコを吸うという動作だけで案外満足できるという人はかなり多いのです

 

日本の大学生は米国よりも酒を飲むだと!?お酒の行動心理学

2019年3月17日

 

 

■3 ビタミンを吸う?無害電子タバコ紹介

 

 

一口に電子タバコといっても、すべてが健康にいいというわけではないですよね。

体に悪い物質は確かに少ないけど、0ではない電子タバコや、結局副流煙が問題で周りから非難されている電子タバコなど、何かしらの問題は抱えているものです。

しかし、アメリカですごい電子タバコが発売されました。

 

それがこのVITACIGという商品です。

どうやら、ニコチンやタールなどの有害物質は0で、むしろ喫煙者に不足しがちなビタミンを吸うという画期的な商品だそうです。

さらに、充電をするのではなく、500回分吸って捨てるという使い捨てタイプなので、充電切れによって吸いたいときに吸えないというストレスも抱えずに済みます。

また、副流煙もまったく問題なく、むしろいい香りがするらしいです。

ぜひ、タバコの代わりに1度お試しください。

 

 

■4 まとめ

 

 

今回は、最新のタバコ研究によって明らかになった、タバコの心理的効果ということで、プラシーボ効果を紹介しました。

緊張が長時間続いたとき、みなさん、タバコを吸いたくなりますよね。

そして、タバコを吸えば実際に緊張が和らぎ気分も落ち着きます。

しかしこの効果は実はニコチンの効果ではなく、タバコを吸いに席を立ち、時間に区切りがついたことによる効果で、それをタバコの効果を思い込んだために発生したプラシーボ効果によるものだったのです。

タバコを吸った時のあの快感は、特に本物のニコチンたっぷりのタバコでなくとも得られます。

ぜひ、この機会に無害の電子タバコを利用してみてください。



今回の記事はここまでです!最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のほかにも皆様のお役に立てるであろう記事を書いていますので、よかったらぜひそちらもご覧ください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です